« やっぱりゲームは「二角取り」 | トップページ | 銅版画工房:「ぶらり途中下車の旅」 »

2003.12.06

後巷説百物語

後巷説百物語 怪BOOKS
京極 夏彦 (著)
価格: ¥2,000

シリーズ3作目、舞台は江戸時代から明治に移って、旧メンバーの一人が昔語りをする構成でストリーは進行します。

1作目の「小豆洗い」が読んでいての「音響効果」が優れていました。2作目は「お前は必殺か?」と思わせ、ビデオをみて、さらに確信し、さてこの3巻はどんな本なのでしょう。

アマゾンで確認
Amazon.co.jp アソシエイト

« やっぱりゲームは「二角取り」 | トップページ | 銅版画工房:「ぶらり途中下車の旅」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205/9207

この記事へのトラックバック一覧です: 後巷説百物語:

« やっぱりゲームは「二角取り」 | トップページ | 銅版画工房:「ぶらり途中下車の旅」 »

GoogleAdSense

スポンサーから一言

Podcast

  • AudioBoom

最近のトラックバック

無料ブログはココログ