« 会社の前の電飾 | トップページ | プチアンケート(電飾版)作成しました »

2003.12.09

あたりまえのアダムス

-----------------------------------------------------
 【書 名】あたりまえのアダムス
 【著 者】ロバート・アップデグラフ
 【発行所】ダイヤモンド社
 【発行日】2003/11/28
 【ISBN 】4-478-76084-5
 【価 格】¥1800
-----------------------------------------------------
大魔神(ジーニー)が教えるマーケティングの極意(トラウト 2003)の文中で、最高のビジネス書と紹介された書籍、たまたま2003/11が発売なので、近所の書源で注文してしまいました。

50ページぐらいの本ですぐ読めます。「あたりまえ主義」ですべてOKになるのだそうです。
巻末に「あたりまえかどうかを識別する5つのテスト」「「あたりまえのことを発見する5つの方法」はオリジナルにあとで追加されたモノです。

電車で2往復分ぐらいの分量なのでトライしてみます。

アマゾンリンク(この書籍にジャンプします)
Amazon.co.jp アソシエイト

« 会社の前の電飾 | トップページ | プチアンケート(電飾版)作成しました »

「あたりまえのアダムス」カテゴリの記事

「マーケティング」カテゴリの記事

コメント

内容が気に入ったので、本日本屋でもう一冊購入しようと、書原にいくと、平積みになっていました。

最初に出版されたのが1915年(大正5年)なのが、驚きです。シンプル・ポジショニングのトラウト好みなのかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205/16246

この記事へのトラックバック一覧です: あたりまえのアダムス:

» googleで「あたりまえのアダムス」を検索すると [Ebi's Top]
googleで「あたりまえのアダムス」を検索すると、アマゾンの次にこのblogがヒットします。 blog解説本を読んだときに、「トラックバック」がつくとヒットし... [続きを読む]

» ザ・プロフィット [Ebi's Top]
-----------------------------------------------------  【書 名】ザ・プロフィット-利益はどのようにして生... [続きを読む]

» あたりまえのアダムス [へっぽこSEの一流への道]
レビュー: とある広告マン「アダムス」のサクセスストーリー。 でも彼は何か特別なことをやったわけではなく、ごくごく「あたりまえ」のことをやっただけです。... [続きを読む]

» あたりまえのアダムス [★ 最強のビジネス書 + ビジネス・マインド ★ Book Review + α 【 by C&P Strategy Consulting 】]
薄い本だけど成功するためのエッセンスが詰まった素晴らしい本だと思います。 [続きを読む]

» あたりまえのアダムス(明白なアダムス:Obvious Adamas) [blog@anytime]
あたりまえのことがどれだけ大切かってことをおせえてくれる1冊.いつか読もうと思っていたけど英語版しかないので後回しになってた.プロフィット(The Art of profitability)という本で紹介されていて,結構,需要が出てきたので日本語訳として登場したんだとおもう.これまで2人に貸してるけどかなり好評.1時間もあれば読めるので忙しい人にもお勧め....... [続きを読む]

» 「あたりまえのアダムス」〜考えることは仕事の中で最も苦しいこと〜 [本のソムリエ提供!【今日の名言】]
○このブログをぜひあなたの お気に入りに追加して下さい(1.5秒で完了します!) あたりまえのアダムスposted with amazlet on 05.12.11ロバート・アップデグラフ 酒井 泰介 ダイヤモンド社 (2003/11/29)売り上げランキング: 152,819おすすめ度の平均: ある程度の経....... [続きを読む]

« 会社の前の電飾 | トップページ | プチアンケート(電飾版)作成しました »

GoogleAdSense

スポンサーから一言

Podcast

  • AudioBoom

最近のトラックバック

無料ブログはココログ