« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月

2004.03.29

?盗撮・盗聴器発見器(モバイル投稿)

小さいでしょ.FSBi(フジサンケイ ビジネス アイ)を購読したプレゼントです。東日本だけの企画で大阪のNさんは、悔しがっていました。
ボタンを押して、1-2メートルの距離に件の装置があるとランプが点滅します。携帯の電波にも反応をするので、ちょっと注意が必要です。

040329_001301.jpg

2004.03.28

20040327大阪オフ(モバイル投稿)

久しぶりの大阪オフです。待ち合わせのジュンク堂前では、カラオケソフトのPRイベントをしていて、何故かオロナミンCを無料配布してしました。 二次会は自由軒で名物カレーを食べました。 詳細は後日。

水谷さん投稿の写真一覧

040327_170101.jpg 20040327.jpg

2004.03.25

ココログのアクセス解析3

アクセス解析のオプションにリンク元の表示があります。yahooの検索結果が何点かあったので、ためしにクリックしてみました。「二角取り」は「上海」、「森光子のスクワット」は「森光子」の検索結果が表示されていました。けして上位ではありませんが、個人のページだったのが目立ったのかもしれません。こうしてみると、アクセスの傾向なんかもなんとなく分かって、webつくりが楽しくなります。

Ebisu: ココログのアクセス解析

2004年3月21日に一番アクセスの多かった記事は2003年12月に書いたshockwave「二角取り」の記事でした。次が森光子のスクワットネタでした。「二角取り」はトラックバックすらかかっていませんでした

2004.03.22

ココログのアクセス解析2

アクセス解析の表示領域を選択して、コピー(win なら ctrl+C)、エクセルに持っていって、編集-形式を指定して貼り付け、HTMLを選びエクセルに貼り付ける。
あとは、どうデータを処理するか決めて、必要なデータを集めていけば、良いでしょう。
期間をきめて、アクセス数をカウントしたり、どんな記事が好まれるか傾向を見たり、自由に設定できます。とりあえず、エクセルで保管することが出来れば人に相談も出来るので、仕事の30%程度は終了したことになります。

ココログのアクセス解析

ココログをプラスにバージョンアップしました。アクセス解析の画面を出すのにちょっと手続きが必要ですが-ヘルプを見ると簡単に分かります-ちょっと見方をかえると自分のblogの様子が分かって参考になります。
2004年3月21日に一番アクセスの多かった記事は2003年12月に書いたshockwave「二角取り」の記事でした。次が森光子のスクワットネタでした。「二角取り」はトラックバックすらかかっていませんでした。

統計解析までもっていければ駄文の一つも書けるのではと、考えています。

2004.03.20

ココログをプラスにバージョンアップ

ココログをプラスにバージョンアップ

2004.03.19

中野3連発3 羊仔-ようこ-(モバイル投稿)

まだ飲めるのか?ということで最後にハイボールをということで、寄せていただいたのが、羊仔(ようこ)です。メニューに書いてあるとおりのお値段です。カウンタだけの小さなお店ですが、一緒にいったKさんは常連らしく、いろいろお話をされていました。こちらも、場所はブロードウェイ入口界隈です。中野3連発、本当にいい所でした。-Kさん、また行きましょう-

040319_224401.jpg

中野3連発2 樽酒 路傍(モバイル投稿)

ジンギスカンで飲んだ、食ったのあとは、日本酒で飲みなおしです。先ほどのカムイコタンから少しあるいた、ブロードウェイ入口49歩にある、樽酒 路傍 です。写真は樽酒そのもの。熱々のいり豆と口に入れると麹の香りが広がる「いぶりがっこ」を頂戴しました。このお店では、時間がゆっくり流れていくようで、気持ちがあわられるようです。

040319_221201.jpg

中野3連発1 炭焼きジンギスカン 神居古潭-カムイコタン-(モバイル投稿)

場所はJR中央線 中野駅、ブロードウェイそば神居古潭-カムイコタン-でジンギスカンをいただきました。マトンがやわらかくて、おいしい。ただし、ジンギスカン2人前からが基本なので2人以上でいったほうがよさそうです。
2階が10人までのテーブル席、1階が8名のカウンタ、フォーラム仲間のKさんと「すわれるかな?」と覗き込むとちょうど2席あいており、ジンギスカン並(800円)ジンギスカン上(1,000円)アイヌネギ(600円)-実は行者にんにく-かに味噌(??円)、よせばいいのに、うに(時下)、飲み物は生ビール2杯、日本酒-和製ワイン-2杯でしっかり酔ってしまいました。写真はジンギスカン並2人前、「うに」です。このお店のキーワードはずばり「もやし」です。
あとはKさんのwebにトラックバックしておくので、詳しいお店の解説はそちらでどうぞ。
040319_210201.jpg 040319_201301.jpg

恵比寿(モバイル投稿)

040319_094701.jpg私のwebsiteの名前"Ebi's Top"に語呂が似ているので、つい写真をとってしまいました。いっそ、webの名前を変えましょか?Ebisu とか..

アマゾンのレビュアーランキングが5000番台になりました

タイトルどおりです。「このレビューが参考になった」票が4人増えたら、5000番台になっていました。
地道ではありますが、着実にアップしています。これからも、ちゃんと自分で読んだ本で、評論をかいてアップしていきたいと思います。
ただで、うける文芸評論の添削をうけているようなものですから。

2004.03.13

マイリストに海老喜商店を追加

父の実家の創業天保年間の味噌・醤油店を掲載。メモ欄にHTML文を記入することでリンクも画像入りで作成が可能です。

house.jpg

2004.03.06

韓国ビデオコーナーが...(モバイル投稿タイマー付撮影)

040306_121901.jpg吉祥寺のレコード屋さんにDVD韓国作品のコーナーが新設されていました。「冬のソナタ」もNHKで放送されていることで、いっそうブームになるでしょう。韓国ビデオは「火山高」を観たことがありますが、特撮が迫力ありました。

図解 自分のポジショニングのみつけ方

-----------------------------------------------------
 【書 名】図解 自分のポジショニングの見つけ方
 【著 者】宮澤豊
 【発行所】講談社
 【発行日】2004/2/25 
 【ISBN 】4-06-21223-5
 【価 格】1,400円
-----------------------------------------------------
評価は★★★★(5つが最高)
・ネーミングに「図解」とあったので、久恒氏の「図解」の類書と思ったが、内容をみると理論に基づくマーケティングの本でした。
・参考文献を見ると、以前 早稲田エクステンションセンターでオープン講座でマーケティングを受講した柴田正幸氏の著書「競争優位のマーケティング」がクレジットされていたので即買いでした。
・最終ゴールは、ポジショニングを人間関係に応用して組織の中で生き残れ、あるいは仕事をやりやすく進める、ということと理解しました。-なぜ強者だけでは勝てないのか?が問題提起-
・統計(ソフト)に関する記述は、特になく、内容の理解に問題はないが、実践しようとしたとき用にソフトの紹介まどもあれば良かった。-私は、上田太一郎氏の著作などで身近なツールを若干知っていました-
・読書の視点では「どのように実際に利用するか?」が切実に知りたいところですが、印象としては物足りない。4章がそこにあたりますが、もう少しヒントが欲しい気がします。5章・6章で、なぜ強者だけでは勝てないか?を数値で丁寧に再検証して、いますが、4章との流れに、無理が感じられ、もっと強烈なメッセージが欲しかったです。
・ただし、他に類者がなく、著者の勇気には大いに感謝して、まちがいなく買いです。
・出版にあたってはご苦労も多かったようで、著者のWebで本に書いてない裏話も公開されています。

アイコンをクリックすると内容確認・注文が出来ます
Amazon.co.jp アソシエイト


2004.03.04

携帯電話のカメラの手ぶれ防止

ぶれませんか?携帯で写真を撮る時、被写体にむけてシャッターのボタンを押すので、無理からぬところがあるんだけれど、最近のdocomoの505iでは、ふたをひっくり返して、↓方向にシャッターをおすタイプがあります。

「タイマー」が便利ということで、試してみましたが、確かにぶれません..

人を写すときに、なかなかシャッターがおりないので、間延びすることがあるのが難点です。

2004.03.03

レビュアーランキング7XXX台に少し向上

飽きもせず、アマゾンのレビュー書き続けています。15,XXX台から7,XXX台に向上しました。レビューは10本に書きました。参考になったというチェックのついている寸評をい観てみると、なかなか自分でも作文の参考になりまして、ただで文書の添削を受け打ているようなモノです。また、レビュー記事は再編集が可能でありまして、修正後の評価なんかも、これまた勉強になります。


Ebi's Top: レビュアーランキング15XXX番-先が長いぞ-

レビュアーランキング15XXX番-先が長いぞ- アマゾンのカスタマレビューを7本ほど書いていまして、そのランキングが15XXX番だそうです。参加した動機は、友人が「レビューを書いて図書券をもらった」といっていたので、それならばと不純な動機で参加したわけです。

2004.03.01

笑っておぼえるエクセル

-----------------------------------------------------
 【書 名】笑っておぼえるエクセル
-実録、エピソードでわかる表計算入門-
 【著 者】ダイヤローグ
 【発行所】インプレス
 【発行日】2004/1/31 初版
 【ISBN 】4-8443-1893-4
 【価 格】1200円
-----------------------------------------------------

エクセルの入力などの諸動作は省略してあり、11のエピソードで説明してあります。電車の中で手軽に読める点は評価できます。ポイントは関数、データベース、シュミレーションに絞られており、より実践的であります。
ただし、9ピボットテーブル、10ゴールシーク、11ソルバーは念のため例題をといてみることをお勧めします。できればエクセルのシートはダウンロードできればもっとわかりやすいし、職場の教育でも利用しやすいのにと悔やまれます。
な、わけで星は☆☆☆です。

アイコンをクリックすると内容確認・注文が出来ます
Amazon.co.jp アソシエイト


« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

GoogleAdSense

スポンサーから一言

Podcast

  • AudioBoom

最近のトラックバック

無料ブログはココログ