« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月

2004.08.30

Nさん迎撃オフの様子

2004年8月15日 恒例のNさんの東小金井での迎撃用のWikiが完成しました。
なかなかWikiの使い方に慣れないのですが、「慣れるより利用しろ」と言いますので良ければお付き合いください。

2004/08/15 Nさん迎撃オフ

2004.08.29

悪魔の発明と大衆操作

-----------------------------------
書名:悪魔の発明と大衆操作
   メディア全体主義の誕生
著者:原 克
出版社:集英社
出版日:2003/6/22
ISBN4-0-720198-8
価格:\720+税
-----------------------------------
ここでいう悪魔の発明は、テレビ、ラジオ、個人情報(パンチカード)、火葬で、ナチス勃興のころのドイツが、ベースになっています。全体主義の証は個性の消去であり、徹底して行われるには驚きました。
1)ベルリンオリンピックでは映画「民族の祭典」と並行して、大砲のようなテレビカメラによって、オリンピックが中継さえていた。当然「幻の東京オリンピック」でも実用化する方向で技術検討が官民で行われていた。
2)テレビ・ラジオは、直接的な「政治宣伝」より大衆をひきつけるには「娯楽」の方が向いていることがすでにわかっており。日本料理「蕪のあんかけ」を紹介する料理番組、ドイツ版 「パンチでデート」がすでに存在した。
3)(ドイツでは)ラジオにおける情報発信(送信)は法律により抑制され、受動的なリスナーが作られた。-アマチュア無線は育たなかった-ドイツはラジオ普及において、「フォルクス・ワーゲン」ならぬ「国民ラジオ」をスペックを決めて安価に国民に提供する施策を行っていた。
4)パンチカードは国勢調査に使われ、従来非常に時間がかかった作業を著しく短縮した。すなわち、ユダヤ人割り出しに寄与した。
5)「火葬」を導入し、さらに個々の墓標を廃して、共同の聖堂を作って、「散骨」して死後の人間の個性を抹殺する方針があった。-実現はしなかった-
4)5)が意外で、私にとっては新発見。

生人形(いきにんぎょう)と松本喜三郎-大阪歴史博物館 特別展-

2004年8月25日-10月4日まで大阪歴史博物館(大阪市中央区大手前)で開催された「生(いき)人形と松本喜三郎」を見学する機会がありました。生(いき)人形とは、幕末から明治にかけて、大阪の難波新地、東京の浅草の見世物興行に、だされた細工物の一つで、まさに生けるがごとき写実的な出来ばえからこの名前があります。
代表的な作者は松本喜三郎(1825-1891)他、安本亀八などで後年の、松屋のマネキンや彫刻家にも影響を与えています。

作り方は桐の木に彫刻を施し、上から白粉を塗り重ねていく手法で作られたいます。基本的な構成は頭、手、足からなり胴体は針金を円形に組んだものを複数紐で連結して-張りぼて-作ってあるため、資料として現存するものが少ない要因になっているようです。蔵のある方はなどはちょっとした行李にはいってる可能性もあるわけです。

前述の松本喜三郎は東校(現東京大学)からの依頼で人体解剖に立ち会って、精密な解剖図なども残しています。その業績により「百物天真創業工」と号せられたとか。

海外にも多数流失しており、ドイツ、アメリカでは甲冑をまとって人類学資料となっています。特にスミソニアン博物館蔵の貴族男子像は、珍しく(等身大の?)全身像であり、性器もそなえている人体標本のような精密さです。
松本喜三郎の見世物は、浮世絵にもなって当時広くその存在が流布されていたようです。彼の最後の作品「塩汲観音像」は「真に生けるが如くよくできしなり」です。600円けっして高くはありません。

2004.08.22

便利に使っています「A5パンチ」

A4の紙横に20穴のパンチをあけて、A5の紙と一緒にバインダーに閉じることができます。-紙は左を10ミリずらして半分に折ります-
現在のところアイデア マラソンのノートの補助紙として利用しています。出典は「アイデアマラソン」著者の樋口氏のwebに紹介されていました。他にも利用法がありそうで楽しみです。

A5パンチトリオのご紹介

Only-1は地球環境保全を考えてます REDUCE 本来はペーパーレスがベスト。でもなかなかそうはいきません。そこで、常用・携帯するものだけを「袋とじ印刷」でA5化します。これで用紙使用料が半減しますね! REUSE 使用済みコピー紙の裏面に、A5プリント。 20穴パンチで穴を明けて、A5ノートに綴じれば、表裏は一目瞭然!! RECYCLE 商品ライフ・サイクル後、20個のステンレス製パンチ刃は、ペンチで簡単に、摘んで抜くことができます。つまり分別収集が可能です

2004.08.21

エクセルでできる 最適化の実践 らくらく読本

エクセル何に使っています?ピボットテーブル使っていますか、それなら次はソルバ、ゴールシークですね。
どちらも、ピボット同様エクセルの標準仕様(只)なんです。ソルバは"solver"と書きます。「解決する人」格好いいですね。
応用できるのは
1)最適化問題(生産計画、販売計画、ナップザック問題、最短経路問題)
2)シナリオ機能と併用して状況を変えてシュミレーションが可能
3)ソルバで回帰分析-ちょっと強引-
これ一冊あれば、1週間は知的に遊べます。エクセル・ワンランクアップの必須ツールです。

-----------------------------------
書名:エクセルでできる 最適化の実践 らくらく読本
   ソルバで自由自在に解く

著者:苅田正雄、中西元子、上田太一郎
出版社:同友社
出版日:2003/6/25
ISBN4-496-03580-4
価格:\3000
-----------------------------------

2004.08.12

遺伝子が解く!男の指のひみつ

-----------------------------------
書名:遺伝子が解く!男の指のひみつ
著者:竹内久美子
出版社:文藝春秋
出版日:2004/7/10
ISBN4-16-727008-0
価格:\514
-----------------------------------
読者からの数々の質問を動物の基本は優良な遺伝子を残そうとする方向で説明してしまいます。お局様から、キリンの首が長いことまで、やや強引に解説します。
8月6日に女性モニタ10万人抱える、ハー・ストリーの帆日原社長の話を聞きました。彼女が引用していたのは、竹内氏ではありませんでしたが、男女の性差をうまく理解してマーケティング活動されているようでした。

以上の理由で、このシリーズが気に入ったので、あと2冊図書館で借りてきて、きっちり積読状態になっています。

-----------------------------------
書名:遺伝子が解く!愛と性の「なぜ」
著者:竹内久美子
出版社:文藝春秋
出版日:2003/11/15
ISBN4-16-365470-4
価格:\1286
-----------------------------------
-----------------------------------
書名:シンメトリーな男
著者:竹内久美子
出版社:文藝春秋
出版日:2000/1/15
ISBN4-10-378104-1
価格:\1400
-----------------------------------

ニッポン全国酒紀行

-----------------------------------
書名:ニッポン全国酒紀行
著者:江口まゆみ
出版社:文藝春秋
出版日:2004/2/10
ISBN4-16-766065-2
価格:\495
-----------------------------------
ダイムに「酔っぱライタ」として紀行文を書いていた著者の日本独特のお酒に関するエッセイです。
1)梅割とホイスの関係
2)カストリ焼酎って?
3)ホッピーの隠された秘密
-目次とは一致しません-
どれかに興味があれば、すぐアマゾンで買いです。
自分でちゃんと体験しているところが、好感がもてます。
居酒屋でちょっと蘊蓄をきれいに決めることが出来るかもしれません。

延長戦に入りました

-----------------------------------
書名:延長戦に入りました
著者:奥田秀朗
出版社:幻冬舎
出版日:2003/06/15
ISBN4-344-40367-3
価格:
-----------------------------------
直木賞作家が書いたエッセイ「スポーツ万華鏡」をまとめた作品。どうして剣道は国際化しないか?→相手に技をピッシと決めなくてはならない。ピッシが、海外の人には理解しにくいらしい-あいまいな日本と優勢勝ち-
オマーンという国名を使っているのは日本だけか?-スポーツの国際化と名前の困惑-、他にボブスレーの前から2番目の人は何をする人なのか?など、通勤車中2日で完全読破しましたが、5回以上含み笑いをしてしまいました。

2004.08.04

ここからはじまる人材育成

先日紹介した友人の本が出版されて現物が手元に届きました。
各章のタイトルを見ている段階ですが、興味がわいてきます。

8月28日にこの本をネタに久しぶりにオフラインを開催しようと思っています。会場探しの最中です。

ここからはじまる人材育成 - ワークプレイスラーニング・デザイン入門
2004年7月22日出版
編著者:中原 淳
著者:北村士朗・荒木淳子・松田岳士・浦嶋憲明・小松秀圀
出版社:中央経済社
ISBN:4-502-37540-3
価格:2400円

「げっぷ」をこらえるについてのアンケート

タイトルどおりで、左サイドバーにアンケートを設置しました。
心当たりのある方は投票願います。

結果はこちらです

追伸
コメントが文字化けするので、システムを変更しました。先に投票してくださった方すみません。


2日ほど仕事でパソコン触ってません

とは、いってもメールを除いてですが。
紙と鉛筆でプランニングをしていました。なんども消しゴムで消して修正して、仕上げたあとは、いつもならメールに添付して送信しますが、今回はA4の用紙をA3に拡大コピーして、打ち合わせで使えるようにファイルングしました。

なんとなくアナログな一日でした。

8ヶ月ぶりのバリウム

昨年12月に健康診断がありました。5月に会社の事務所が引越しをしたので、再度 胃の検診があり、また悪夢のバリウムの登場です。

今回は、途中で月賦いや「げっぷ」をして、発泡剤のようなものを追加で飲まされました。(悲しい!!

さて、この「げっぷ」を押さえるコツがあるのでしょうか?会社で聴きましたが、「我慢する」の一点張りで、何かノウハウがありそうで気になります。最近、アンケートのCGIを設定したので、サイドバーにでもアンケートを仕込んでみましょうか?

2004.08.02

みっくちゅじゅーちゅ

大阪で見かけたサンガリアの噂の飲料
残念ながら、東京では見かけません。飲んでみると味が濃くて、おいしかったです。

040801_234701.jpg 040801_234801.jpg

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

GoogleAdSense

スポンサーから一言

Podcast

  • AudioBoom

最近のトラックバック

無料ブログはココログ