« Podcast@nifty使って1週間【音付】 | トップページ | 自分を他人に印象づける技術 【週末の達人サロン】 »

2005.07.15

PhotoCinema2 Workshop

PhotoCinemaの編集方法がわからなくて、workshopに参加した。

日時:2005年6月2日(木)19:00-
場所:Ginza Apple Store
講師:デジタルステージ 平野社長
参加動機:取説を読んでもわからない部分がある。それは書き手とユーザーの受け取る姿勢の差なんだろう。直接、作り手の話を聞くことによってその差が縮まってくる。知恵を共有できる。うれしい。→よりアプリケーションも利用するようになる。

1)「お任せモード」-トライするたびに内容が変わる-で作る
2)気にいった内容のものを選ぶ
3)「自分でモード」で、修正を行う
4)再生して、気になる箇所でストップかスペースバーでストップ、そこから修正。
5)【何度でも】修正

4)のタイミング、イメージがわかると、取説の内容も理解しやすい。

【同社のマーケティング】
「いない人の話をしない」
ユーザーが××言っている。
    ↓
こんなユーザーが××言っている。
ユーザーを見えるようにする(同感

【感想】
まずは、素材か(ため息

« Podcast@nifty使って1週間【音付】 | トップページ | 自分を他人に印象づける技術 【週末の達人サロン】 »

「PhotoCinema」カテゴリの記事

コメント

一番の原因は写真を撮りにゆっくり外出できないことでしょうか?
3連休に期待しています。一日は映画「姑獲鳥の夏」を観にいきたいし、なで肩の堤真二の着物姿はピンと来ないところがあります。


> ため息つかなくてもw
> 小画面でカラフルで了解しやすい、とかいうものが適しているのでは?
>
> または人の顔がいろいろ出てくるとか。
> 風景は角度やトリミングが変わるだけでも
> なんというかいちいち読み取りなおさないと
> いけなくて疲れる感じですかね。
> mixiのトップ画像でもいい写真だろうにmixi向きではないのがある。

ため息つかなくてもw
小画面でカラフルで了解しやすい、とかいうものが適しているのでは?
または人の顔がいろいろ出てくるとか。
風景は角度やトリミングが変わるだけでも
なんというかいちいち読み取りなおさないと
いけなくて疲れる感じですかね。
mixiのトップ画像でもいい写真だろうにmixi向きではないのがある。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205/4977500

この記事へのトラックバック一覧です: PhotoCinema2 Workshop:

« Podcast@nifty使って1週間【音付】 | トップページ | 自分を他人に印象づける技術 【週末の達人サロン】 »

GoogleAdSense

スポンサーから一言

Podcast

  • AudioBoom

最近のトラックバック

無料ブログはココログ