« 山手線の吊り革広告 | トップページ | #60 【資料配付】8/26 ebisuがセミナー講師:: 日本メディアリテラシー教育推進機構 »

2006.08.19

デブの帝国

これを読むと映画スーパーサイズミーに背景が理解出来ます。

【書 名】デブの帝国 いかにしてアメリカは肥満大国となったか
【著 者】グレッグ・クライツア
【発行所】バジリコ株式会社
【発行日】2003/6/25
【ISBN 】4-901784-20-X
【価 格】1575円

コストダウンのため、加糖、パーム油を導入、バリューセット販促と運動不足が肥満促進

・多糖は直接肝臓に作用し、インスリン抵抗性が起こる、結果グリコーゲンに燃焼比率低下し、脂肪として蓄積する。
→対応策
 米食の導入、運動プログラムの習慣化
・アメリカでは健康はお金で買う
・高カロリー食の被害は低所得者層に集中
・ふとったラッパー、デビュー当時180キロ、心臓疾患で死亡したとき300キロ超



« 山手線の吊り革広告 | トップページ | #60 【資料配付】8/26 ebisuがセミナー講師:: 日本メディアリテラシー教育推進機構 »

「ダイエット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205/11509917

この記事へのトラックバック一覧です: デブの帝国:

» シャングリラ・ダイエット 出版記念セミナに参加 2008年5月29日 [脳髄スクワット::LifeHacksなpodcast]
【キーワード】ダイエット 食欲をコントロール ホメオタシス セットポイント 高カ [続きを読む]

« 山手線の吊り革広告 | トップページ | #60 【資料配付】8/26 ebisuがセミナー講師:: 日本メディアリテラシー教育推進機構 »

GoogleAdSense

スポンサーから一言

Podcast

  • AudioBoom

最近のトラックバック

無料ブログはココログ