« 中央線冬の陣2009 会場を探して 実踏1 | トップページ | とろける鉄工所 1 野村宗弘 »

2008.12.16

予告:中央線冬の陣2009 過橋米線 吉祥寺 実踏2

来年恒例のNさん迎撃の会場を予約してきました。
いせや新館地下の雲南料理、過橋米線、吉祥寺店です。
架橋米線(グオチャオミーシェン )の由来は涙なくしては語れない夫婦愛の結晶でした。
科挙の勉強中の夫に夜食を妻が差し入れますがすぐ手をつけないため冷たくなってしまいます。

なんとか暖かい食事を供したい一心で妻は工夫をし、汁に油が浮いている土鍋が何時までも冷めないのに想を得て、熱いスープの上に油を浮かせ米線(うどんのようなもの)を供しました。長い時間食事が温かく、食事を食べて勉強に励んだ夫はめでたく科挙の試験に合格したそうです
(>_<)ヽ ナケルゼェ

過橋米線の食べ方は、まず肉などの具をスープにいれ、続いて野菜、(まるいうどん状の)米線も入れて、好みでラー油を散らし、つけ麺の要領で食べます。少ししょっぱい。

またこの店は小皿おつまみが298円で種類が多いのも楽しみです。

写真はランチタイムに食べた過橋米線(980円)過橋というには橋を渡って食事を運んだことによるそうです。
R0012038


↓ 中国雲南酒膳坊 過橋米線 吉祥寺店のぐるなび

« 中央線冬の陣2009 会場を探して 実踏1 | トップページ | とろける鉄工所 1 野村宗弘 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205/43420361

この記事へのトラックバック一覧です: 予告:中央線冬の陣2009 過橋米線 吉祥寺 実踏2:

« 中央線冬の陣2009 会場を探して 実踏1 | トップページ | とろける鉄工所 1 野村宗弘 »

GoogleAdSense

スポンサーから一言

Podcast

  • AudioBoom

最近のトラックバック

無料ブログはココログ