« 女の前で号泣する男たち 事例調査 現在日本ジェンダー論 | トップページ | 凹んだ時はこれ ほめられサロン »

2009.05.02

【書籍】成功するコミュニティFM放送局 FMきららの場合

NHK朝の番組「つばさ」の影響か?コミュニティFM放送局の開局が盛んらしい、前回そんな書き込みをした。
以下の書籍を読んでみた。

【書名】  成功するコミュニティFM放送局
【著者】  井上悟・三浦房紀
【出版社】 東洋図書出版
【出版日】 2007年7月1日
【値段】  2000円
【評価】  ★★★★(マックス5つ)


以下の勝手に作った要旨を
【興味深い事実】
・採算ベースに乗っているコミュニティ曲は少ない
・原則一地域一局開局が原則
・開局申請は先願主義で許可される(総務局 綜合通信局で状況チャック可能)
・都市部においては周波数検討調査が難しい 割り当て電波の余裕があるか?
【問題点】
・コミュニティ放送運営ノウハウが無い
・ラジオ放送頭でコミュニティ放送頭で無い
・経費削減のため素人ボランティアを導入すると番組の質が低下してリスナーが逃げる
【対策】
・ステーションコンセプトをしっかり作る
・地域マーケティングを徹底する
【私見】
赤字になっても自治体に依存する時代は終わったでしょう
【未完の書き抜き】クリックすると拡大
Gaiyou_book

« 女の前で号泣する男たち 事例調査 現在日本ジェンダー論 | トップページ | 凹んだ時はこれ ほめられサロン »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205/44874122

この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】成功するコミュニティFM放送局 FMきららの場合:

« 女の前で号泣する男たち 事例調査 現在日本ジェンダー論 | トップページ | 凹んだ時はこれ ほめられサロン »

GoogleAdSense

スポンサーから一言

Podcast

  • AudioBoom

最近のトラックバック

無料ブログはココログ