« 一発録りだけの巻(AudioBoo編) | トップページ | 過去のぎりぎり会社生活を振り返る »

2009.07.21

【読書】偉いぞ!立ち食いそば

書名:偉いぞ!立ち食いそば
著者:東海林さだお
発行:文藝春秋
発行日:2006/6/15 1刷
低下:1095年+税
【立ち食いそば全制覇】
メインのネタは「立ち食いそば前制覇」。偶然お店を知っている。富士そば西荻窪店、吉祥寺店ががでて来る。社長の趣味が作詞とか、店内にレコードのポスターが貼ってあり、CDありますとか告知あり。ここで疑問が?私の知っている2店とも立ち食いでは無い。本企画中に改装されている。改装にともない企画も終了。(笑
座席があった方が店のアイドルタイム(2時ー4時ごろ)にも集客がみこめるらしい、と、終盤の丹道夫社長との対談で明らかになる。店によりメニューも微妙に違い、仕入れ先も違うようだ、富士そば自身は店舗経営に特化しており、素材精算にはタッチしていない。
私は最近DVD立喰師列伝を鑑賞した影響で「きつね、そばでコロッケも欲しい」を愛用中、ちょっと食べ過ぎかも。

【対談 東海林さだおX黒川伊保子】
冒頭「怪獣の名前はなぜガギグゲゴなのか」に言及。著者造語の言葉には「サブリミナル・インプレッション」があるらしい。結論では濁音はが射精・放尿を想起させる、それゆえ怪獣の名前はガギグゲゴが多い。(笑
興味を持ったので図書館で借りてしまった。
そんなわけで休日もなぜか?読書充実小労働状態。


« 一発録りだけの巻(AudioBoo編) | トップページ | 過去のぎりぎり会社生活を振り返る »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205/45674355

この記事へのトラックバック一覧です: 【読書】偉いぞ!立ち食いそば:

« 一発録りだけの巻(AudioBoo編) | トップページ | 過去のぎりぎり会社生活を振り返る »

GoogleAdSense

スポンサーから一言

Podcast

  • AudioBoom

最近のトラックバック

無料ブログはココログ