« ■美空ひばりのJAZZ&Standardを考える | トップページ | 【DVD】Plup Fiction パルプ・フィクション »

2011.08.30

東急ハンズの秘密

【書名】東急ハンズの秘密
【著者】和田けんじ
【出版社】日経BP社
【出版日】2009/2/23
【値段】1400円
私事だが上京したのが 昭和52年、東京が初めてだった私は渋谷新宿を休みの日に散策していた。東急ハンズ渋谷店が開店が昭和53年小物が好きな私にはワンダーランドでした。店にいく度に新しい商品を発見しました。当時の印象ではDIY類が異常に充実しており、アクリル樹脂の素材などが置いてあり、誰が何に使うのだろう?と東京は流石だなとお上りさん的感慨にふけったものです。
自然に休日に渋谷に行って東急ハンズで2時間は散策して、その後近くのジャズ喫茶スイング、クラッシック喫茶ライオンでコーヒーを飲んだりしたものです。 イベントなどで困ったことがある大切な発想の2大源泉「東急ハンズ」と「ユザワヤ」になりました。
この本を読むと、東急ハンズで感じたワクワク感を理解できます。売り場から感じる優しさは「消費者目線」だったのです。開業して30年以上が経ち売り手としてのハンズが小売店としてこなれてきたことが消費者感覚の希薄を招いた、と考えて厳しいチャレンジャーである筆者は東急ハンズを離れてしまったのです。
【ここ大事かも】
・小売はお客様への提案
・販売の前に消費者であることを強く意識する
・ネットの情報だけでは個性は磨けない
・商品の新しい仕入先を絶えず探す
小売以外でも参考になります。
いろいろお世話になった東急ハンズがこれからもワクワクする買い物エンターテイメントを提供してくれることを祈念します。



« ■美空ひばりのJAZZ&Standardを考える | トップページ | 【DVD】Plup Fiction パルプ・フィクション »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205/52607456

この記事へのトラックバック一覧です: 東急ハンズの秘密:

« ■美空ひばりのJAZZ&Standardを考える | トップページ | 【DVD】Plup Fiction パルプ・フィクション »

GoogleAdSense

スポンサーから一言

Podcast

  • AudioBoom

最近のトラックバック

無料ブログはココログ