« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011.10.30

【私製】天声人語書き起こしノート ちょっと気分転換に便利かも

東急ハンズ新宿店で現物を見た、一部しか売り場には置いてなくて(2011年10月末)地味そうな商品の割には売れているのではないか、と思った。


最近1)ボキャブラリーの貧困が気になって来た(あるいは忘れている)2)パソコンでしか字を打たなくなって来るべき毎日が日曜生活でうろが来そう で、やってみる事にした。お試しで一ヶ月A4の紙に書くことにした。その前に漢字辞典をiPodTouchにインストしよう。ほんとは英英辞典も入れたいのが...

家にある材料でやってみたのがこんな感じです
_n
意外に継続していて1週間が過ぎました、保管もしはじめました。
Photo_2
業務上パソコンでぽちぽち入力するのと語感が違っていて現在は新鮮な気持ち、あるいは好奇心で2週目に突入しています。特に投資もいらないのでちょっと続けてみましょう。

加工された近影

加工された近影

散髪した、少し頭が寒い。

投稿テスト

iPodTouchからの投稿テスト

2011.10.23

DVD カポティー

DVD カポティー 
久しぶりの休日、DVDで気になっていた「カポティ」を鑑賞しました。ラジオでカポティに言及した番組があって、ティファニーで朝食をの作者である事、「冷血」後作品を発表していない、なんてことにふーんと興味がわいていつか見ようと思っていたのです。
この作品(カポティー)は「冷血」の作成過程を淡々と描いています。
・ドキュメンタリー小説、カテゴリーを創造、初作品にする
・取材時に多額の金を使う:刑務所でいつでも容疑者に面会出来るよう取りはからってもらう、弁護士をつける他
・小さな嘘をつく 作品を書いていない、題名は決めていないなど
・作品公開プロセスが興味深い:作品(未完)の朗読会開催して前評判を確認している。
・最後を見ただけ無いと結末がかけない...これはストレスになる、事件が起きてから出版まで5年近くたっている。
・この人ホモかいな?みたいな描写あり、有名な話なのか?
「冷血」もレンタルするかな?

でも、この映画にも原作があるのです。

さて問題の事件を扱った「冷血」です。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

GoogleAdSense

スポンサーから一言

Podcast

  • AudioBoom

最近のトラックバック

無料ブログはココログ