« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013.12.31

CallRecorderはv2.5.2 youtubeアップロード

mac Skype CallRecorderの怪:ちょっと失敗してしまったわけで(恥 Skypeでグループビデオチャットして件のCallRecorderで録画、Toutubeで共有して仲間で見ようぜ!みたいな企てを率先してやってみたところ、私(ローカル)音声は聞こえるけどチャットグループ(リモート)音声が再生されておりません。

CallRecorderにおまけのソフトがついていたことを思い出しファイルを探してみると インターネット用変換プログラム見たいなのがあり、立ち上げて問題のビデオファイルをドラッグするとあら不思議!!普通の会話が実現しているではありませんか。

英語第二外国語民族の悲しさというか、もともと取説読まないのが災いしたのか思わぬ放送事故にあってしまいました。

でもこれで又ひとつ賢くなったぞっと。ーどこで使うんだよー

ちなみにCallRecorderはv2.5.2でした。
良い子はみんな取説読みましょう。

2013.12.27

iMovie編集編 セミナー備忘メモ:2013/12/27 2014/01/05

昨日アップル銀座でiMovie編集編のone to one グループレッスンを受けました。忘れないようにするには1)自分で内容をまとめる 2)速やかに実践するのが一番、ということでここのメモを公開。
印象:UIが変更されたので戸惑ったがちゃんと使える、前より楽になった気がする。PinPもちゃんとできるし。なんか作ったらまた行くよ、よろしくね。

■2013/12/27 2014/01/05 iMovie セミナー備忘メモ
■講師:クリフ・アイカ 木島
■場所:アップル銀座
■iMovie ver.10.0.1 2013/12/27現在
【用語】
サイドバー
イベント:素材の入れ物 イベントとクリップの入れ物

クリップ
ビューアー
プロジェクト:作品の一覧

【ムービー読み込み】

【スキミング再生】

【iMovieショートカット:再生】
J K L
←  stop →
連続して押すと早送り、早戻しになる。

コマンド+クリック クリップ全体を選択

▲ クリップの先頭へ
▼ 次のクリップに

fn + ▲ Movie先頭
fn + ▼ Movieの末尾

チェック欄をクリック 変更を反映する

音声クリップの分割 コマンド+B


【新しいプロジェクト】
+ 作成 → ムービー・予告編 → テーマ選択

【画面の大きさ】
サマリー表示調整
  ←縮小
ーーーーー?ーーーーー
    → 拡大

【プロジェクトへのムービショットの追加】
in点(i)、out点(o)を指定してTLの末尾にドロップ(e)ーショートカット利用可、再生中でも編集可能ー

【切り替え】
トランジション 
クリップの間にドロップ
◎クロスディゾルブよく使う
複数のクリップ:選択してトランジションをダブルクリックする
◎頭と最後に黒フェード利用すると玄人感ましましになる

【タイトル】
利用するタイトルをクリップ先頭にドロップ
ベタの背景に書く場合は(地図と背景クリック)
背景クリック+|調整| (i)も参照

【BGM】
映像の下にD&Dする
波形表示:フィルムアイコンをクリックして「波形表示をチェック」何度か試すと表示される
曲の最初と最後の◯をドラックするとfade in ,fade out 可能

【Picture in Picture】
再生ヘッドをPinP挿入位置に持ってくる
挿入画面を選択 +(q) → |再生| ビデオオーバーレイを変更する

【イコライザー】
|調整| プリセットからのみ選択が可能

【ドラフトを何種類か作る】
プロジェクトを複製して作っておく

【theather】
iPodにiCloud経由でコピー可能

2013.12.24

冬場はこれ!ブリーズライト

冬場は空気が乾燥して息苦しいと口をあけて寝ると夜中にかきむしるように目が覚めてもう大変!
最近、強力なエクストラも発売されました。
これを記念してわざとらしいステマを作ってみました。
「一生分下さい!!」
お風呂と併用すると更に効果的ですーあくまで個人の感想ー




2013.12.23

インクジェットの時代がきた!(2012)

【読書感想】インクジェットの時代がきた!(2012):産業界の大量生産のキーワードは「型」、プレスや樹脂成形なら金型、布のプリントは型紙が必要です、印刷も版が必要だったり。解決策の一つである単品生産をデジタル経由で実現するツールが「インクジェットプリンタ」なのです。ー海老名の感想ー

インクジェットプリンタの特徴の一つは「非接触」印刷媒体の幅が広がるのです、限りないように見えます。バイオまでつながっているようです。

第1章はインクジェットプリンタの原理をわかりやすく解説しています、著者はエプソン勤務だたのですね。

意外に歴史が古くて
・コンティニュアス方式(連続)1960年
・オンデマンド方式 1970年

ここが特徴かな?:「引き打ち」一旦インクを減圧して引き込んでから打ち出すとノズル径よりも小さい点で印刷可能ー大きさの異なる液滴を吐出ーだったりします、これをピエゾ素子を使った「メニスカル引き打ち」といいます、このあたりで、おとなしく印刷していたあいつがこんな小技を繰り出していたと思うと、結構ゾクゾクして来るのです。

2章以降は応用例の紹介です。
非接触・型が不要であることから応用(研究)範囲が広いです。
1)お菓子 専用プリンタがあります 少量生産を可能なのは大量に作るプリタのお陰で部品が安価・短納期で入手できることでもあります。

2)アパレル捺染 パタン作成期間が1.5-2ヶ月かかっていたのが デジタル捺染では1日ー2週間に短縮できるそうです。日本からは捺染の大量生産はほどんと無くなっていますが、イタリアでは普及し始めており、日本でもチャンスがあるかもです。

3)サイディング(建築)
4)液晶ディスプレー他電子機器 たとえばアンテナ、センサーの生産
5)鋳物のフルモールド(従来はスチロール発泡体を利用)

6)3Dモデル これはお馴染み、2013年にpafumeの3Dデータが公開されたり製造物からデジタルデータそのものがコンテンツとして流通し始めました。また3Dプリンタも10万円を切るものも募集生産(?)が始まりました。来年ももっと身近に拡大しそうです。

7)医療(臓器個別生産)各臓器の構成部品については最小単位(例えば細胞とか)での生産は解明されたものもある、実際に立体的に配置して固定する技術については更に研究が進行しそうです。

2013年の進捗が注目されるところです。

【書籍情報】
署名:インクジェット時代がきた!液晶テレビも骨も作れる驚異の時代
著者:山口修一、山路達也
出版社:光文社
出版:2012年5月20日初版1刷
価格:740円

2013.12.16

倉敷旅行のスライドショー 2013年12月

毎度手抜きのスライドショーで恐縮です。枚数が多いのでマルチ表示にしてみました、一部ビデオ部分で音楽と人が歩いているのがテンポが一緒との声もちらほらです。

2013.12.09

倉敷旅行2013年12月で気がついたこと

倉敷旅行2013年12月6日ー8日で気がついたこと:2013/12/09 12:13
■醤油
夜、居酒屋で刺し身を食べたとき感じた「醤油が甘い」倉敷の醤油は甘いのか?刺身用がそうなのか不明です。
■大原美術館
今回の倉敷美観地区のメイン。絵画もさることながら彫刻群を見られたのが良かった、ブールデル、マイヨール、ジャコメティ、現物は写真よりも印象がもっと迫ってくる。
■ままかり
東京で食べるものより大きい、魚がニシンの1種サッパという種類であることを初めて知った。ー恥ずかしー 見が大きてビールと一緒に食すると美味しかったです。「焼き」というのがあるのも知るました。
■ぶっかけうどん
偶然たべてみた、その後名物と知った、前述のように醤油が甘く感じたのはこの時もそうだった。
■サックス四重奏
美観地区観光案内所で金曜夜6時からくらしき作陽大学音楽短期大学の学生によるコンサートが開催されている。めずらしく管楽器サックスによる演奏で少人数の会を楽しみました。
■オルゴール・ミュージアム
アイビースクエア内のオルゴール・ミュージアムでは1時間ごとに演奏を公開ー有料ー円盤型のオルゴール最新型の音が深いがあって、オルゴールは過去のものではないと実感。からくり人形との組み合わせもあり、音楽と動きが同時に楽しめてます。時々プログラムを変えているようで再訪の時はぜひ行ってみたい。
■マスキングテープ
倉敷はマスキングテープのメッカなんだそうです。専門店があったのでいろいろ物色して手紙にも良さそうなのを買ってきました。蝿取り紙を作っているメーカーが新事業として興したとか?倉敷ブランドのものは少しお値段高い目がネックかな。
以上、直前の備忘メモでした。

2013.12.03

11月11日は立ち呑みの日だそうですー吉祥寺ー

誰が言ったか11月11日は立ち呑みの日、1週間重点地域があって本日は吉祥寺編です。いつものように混み合っております。ー音が出るので注意して下さいー

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

GoogleAdSense

スポンサーから一言

Podcast

  • AudioBoom

最近のトラックバック

無料ブログはココログ