« 2015年の新春動画を準備しなくては | トップページ | ココログって「お絵書き投稿」が可能だったの? »

2014.11.19

ヘニング・マンケル著書(日本語訳)ほぼ読了 2014年11月現在

2014年初めから読み始めたスウェーデンの作家、ヘニング・マンケルのミステリー日本語訳をほぼ読了しました。何度か良き終わると朝の少し前の時もあり、61歳にしてこのような体験をするとは、読書はたのしいものだなあ、と再認識しました。
特にヴァランダー刑事シリーズは事件発生後しばらくすると犯人が現れたりします、しかし何か全体を理解するのにたらないピースがあってつい読み続けてしまう、そんな作品群でした。何故かスウェーデンの田舎町で国際犯罪が発生して拳銃が火を吹く話になるのが笑えます。
また、単発作品の「タンゴ・ステップ」「中国からきた男」も魅力的でした。個人的なベストは「五番目の女」と「目くらましの道」でしょうか?

著作集へのリンク

ビデオ化されている小説もあり、そちらも興味津々です。

« 2015年の新春動画を準備しなくては | トップページ | ココログって「お絵書き投稿」が可能だったの? »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205/60678596

この記事へのトラックバック一覧です: ヘニング・マンケル著書(日本語訳)ほぼ読了 2014年11月現在:

« 2015年の新春動画を準備しなくては | トップページ | ココログって「お絵書き投稿」が可能だったの? »

GoogleAdSense

スポンサーから一言

Podcast

  • AudioBoom

最近のトラックバック

無料ブログはココログ